うつチェックをして早期発見をしよう|こころとからだを元気にする

ドクター

治療方法

頭を抱える人

心に深い闇を持つうつ病は、治療に専念しないと中々完治させられません。また、適切な治療を施すためには心療内科や精神科の力が必要でしょう。主な治療方法としては十分な休息です。うつ病の治療では薬と平行して仕事を休みしっかりと休むよう指示しています。また、責任感が強く何でも器用にこなそうとする人ほどうつ病のチェックをした時に引っかかりますから、予備軍がある人も十分な休息をとることが何よりも大切です。とはいえ、根が真面目な人は周りが休養するよう求めても中々応じてくれません。仕事をしなければ迷惑をかけてしまう、主婦の場合は家事をしないと怠けていると勘違いされてしまうといった心の葛藤がありますので精神的ストレスも半端ないです。このようなストレスは逆に薬の効果を下げるきっかけになるので、周囲がうつ病を理解して休むことがとても重要なのだと相手に伝え続けないといけないでしょう。ただ、休養できるような雰囲気ではない時に有効なのが入院です。子供の世話や掃除洗濯、炊事は何かと気が散ってしまいがちです。また責任感が強く真面目な人はうつ病が悪化しても仕事しようと行動するので、それを阻止するために医師や家族が入院を勧めることがあります。薬を使用する治療は身体に起こっている異常を修正する時に役立つので、飲めばうつ状態を一喝できます。そして病院で処方される抗うつ薬にはいくつか種類があり、チェック内容によって左右されるでしょう。きちんと薬を処方してもらうためにもうつ症状がみられた時は必ず受診します。

医師のチェックでうつ病を発見した時は、精神療法も薬と一緒に行ないます。特にうつ病は治ったとしてもまたぶり返す可能性が高いので、再発防止のために精神療法を取り入れるのが一般的です。この療法では、認知行動商法がありうつ病の患者によくみられる否定的な思考を客観的に整理していきます。そうすると、思考が柔軟になるので不定的な考えが自然と消滅していきます。仮に周囲から考え方についての話があっても素直に応じられない時があります。ただ、チェックをしてくれる医師がそれをしてくれることで説得力を持たせることができますからより改善が早くなるのです。治療に使う薬の種類ですが、主に使用される5種類についても知っておきましょう。SSRIは、セロトニントランスポーターに作用するので、抗うつ状態や不安が大きい患者さんに処方されます。また、神経細胞の間にあるセロトニンの量を調整するよう働きかけてくれるので、比較的早く改善ができます。副作用としては便秘や下痢がありますが、時間の経過で症状が薄くなっていきます。他にも脳神経に効くSNRIやNaSSA、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬などどの薬もうつ病に見られるあらゆる症状を緩和します。うつ病のチェックをしてから、治療に入るまですぐですが完治出来る期間は環境で異なるでしょう。十分な休息が取れて、尚且つうつ病についてしっかりと理解している知識の豊富な医師がいれば、早い人で半年から一年で完治が見込めます。しかし、その間にぶり返す可能性もあるため、場合によっては5年以上かかる恐れもあります。

Copyright © 2017 うつチェックをして早期発見をしよう|こころとからだを元気にする All Rights Reserved.