うつチェックをして早期発見をしよう|こころとからだを元気にする

他人事じゃない 身近に潜むうつ病

食事との関係性

男の人

激しい気分の落ち込みや、やる気喪失はうつ病にありがちな症状です。放置すると最悪自殺をする傾向があるため、家族や自分がうつ病だということを知ることが重要です。また、うつ病を軽いうちから発見すると治りも早くなるので、うつのチェックはしっかりと行なう必要があります。最近はネットでも気軽にチェックができるので、心療内科や精神科を受診する時に一度やってみましょう。どのような症状が出るのか、どう接すればいいのかがわかるのでとても勉強になります。うつ病は、さまざまな要因が重なって発症します。代表的なのが心因性によるもの、ストレス等です。心因性の部分には恋人や友人との別れ、最愛の人の死、職場や学校の人間関係です。ストレスは出産や子育てや急な引っ越しが挙げられますが、こうした変化がうつ病へと発展することは珍しくありません。また元気だった人も変化や心因性のストレスが重なると自身で消化しきれなくなり、やがてふさぎ込んでしまいます。そういった状況をいち早く発見することが早期回復のポイントになるのでうつ病の傾向がある人は要チェックです。

近年の調査では、うつ病が食事と深い関わり合いがあると結果がでています。ストレスが主なうつ病は、食生活が偏っていることでも深刻な症状を引き起こしてしまいます。そしてこの結果は海外でも認知度が高まっていますが日本では全然浸透していません。うつ病に対する新しいアプローチができると注目されていますから、少なくとも食生活の改善と心を元気にする栄養たっぷりの食材を積極的に摂るべきといえます。うつチェックで、うつ病だと分かった時自分でも対策をすることができます。例えば、食事が発症のきっかけを作っているなら改善できる望ましいメニューに切り替えることでうつ病から身を守ることができます。特に地中海式食事や和食はうつ病にかかった人のこころを癒しますし、身体を元気にすることができます。一方、レンジでチンをするだけで食べられるレトルト食品は、うつ病の症状をさらに悪化させる要因です。また、お湯を注ぐだけで完成するカップらーめんも、より症状を悪化させる原因になるでしょう。不規則な食生活だとたとえ元気な人でも精神に異常をきたす恐れがあるため進んで栄養のあるものを食べることが何よりも大切です。中でも和食は、地中海食事のように魚を中心にしたメニューが一般的です。一方で、和食だと塩分過多になる恐れがありますし日本人の場合は乳製品の摂取が限りなく少ないのでカルシウム不足に陥るでしょう。ですから、塩分を少なく抑える食事や古くから伝わる伝統的な和食を積極的に摂取すれば、うつ病にならずにずっと元気でいられるのです。

基礎知識

近年、うつ病という言葉を頻繁に聞きますがどのような症状なのか理解していない人もいます。中には、うつ病を怠けとして捉える人もいるため理解を深めるためにも基礎知識は取り入れておきましょう。チェックにも役立ちます。

治療方法

深刻な病のうつ病は、適切な治療を行なうことで完治させられます。うつ病の疑いがある場合はチェックをするため病院を受診して、適切な方法を探っていきましょう。十分な休息も大切です。

病院の探し方

うつ病のチェックをした時にそのような傾向があると分かったらうつの治療ができる病院を探していきましょう。また失敗しない病院選びをするためにもポイントはしっかり押さえておくべきです。

Copyright © 2017 うつチェックをして早期発見をしよう|こころとからだを元気にする All Rights Reserved.